読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

・。・v

ウンゴロ環境アリーナ雑感(メモ)

めんどくさいのでカード画像とかは無しで

 

〈ヒーローtier〉

(自分が強いと思う順)

tier1

ローグ>メイジ>パラディン

tier2

ハンター>ウォーロック

tier3

シャーマン>プリースト

tier4

ドルイド>ウォリアー

 

ローグメイジは両方とも強いですが、それぞれ独特のプレイングを要します。

この2つのヒーローは、多少の小さなミスも帳消しにして一定の勝率を稼げてしまうパワーを持っている為、プレイングの部分が軽視されがちで非常にもったいないと感じます。

ローグはレイトゲームがあまり得意ではないので、数ターン先までのマナカーブまでしっかり組み立てつつ、要所ではトレードを無視しながらビートダウンも進めなければいけません。除去カードも多少効率が悪くとも、自身の展開を効率よく行う為に弱いミニオンに吐いてしまう事も多いです。

対してメイジはビートダウンで勝つ事があまり得意ではないので、レイトゲームをしっかり見越して適切なタイミングで除去を使っていかなければなりません。アリーナでは相手のデッキ内容を具体的に予想できない以上、この辺りが最も経験が影響する部分で本当に難しいです。デッキのドラフトでも考える事が多いです。

この2ヒーローは人によって本当に評価が分かれますが、それぞれ違う方向性でのプレイングを要するこれらがその所以だと思います。どちらも違うベクトルでの強さがあるので比較できません。

自分はローグが一番勝てますが、個人で適正があると思うクラスを選ぶのが良いと思います。寧ろ慣れないうちはプレイングが単純なパラディンの方が勝てると思います。

 

〈中立で強いと感じたカード〉

ファイアフライ

スタッツは貧弱ですが、これを2回出せるとなると大きく評価が変わります。

単純に1コス1/2を2回出せる権利を一枚で持てるのが強いです。手札に来るだけでカーブがかなり安定します

エレメンタルシナジーや、ローグのコンボ起動のような補助の役割を果たしてくれるのもとても嬉しいし、パラディンではミニオンをボードに残すという行動の価値が非常に高いです

・ストーンヒルの守護者

手札消費無しで展開できる3/1/4挑発は、まずコスパ的には十分優秀です。

そして、中立にもタールクリーパー、サンウォーカー、変クリーパー、始祖ドレイク、ソゴス(キュレーター)等優秀な挑発ミニオンはたくさん居るので、これらを引けるだけで十分強いです。

勿論ドルイドやウォリアー等固有の挑発が多いクラスでは評価が上がりますし、もはや周知の事実ですがパラディンの場合はとても評価が高いです。

・ファイアブルーム・フェニックス

書いてあることそのままですが、ボードに2点与えながら3/3出てくるのが強いです。展開か除去どちらかに特化しているわけではなく、どちらもほどほどに行えるのが強い。

一応基礎として定着してない人には知ってほしい事ですが、炎の大地のポータル、アージェントの司令官、捕食の時間、始祖ドレイクなど、除去と展開を同時に行えるカードは非常に強いという事は覚えておいてください

・フローズン・クラッシャー

デメリットは大きいものの、返しの相手の5~7マナ辺りには殆ど一方でトレードできます。変クリーパーや始祖ドレイク辺りをしっかり抜けるのが強力。

エメラルドの巣の女王、ビタータイドヒドラ等とは違い、デメリットがこのミニオンの中だけで完結してくれていますし、結局は除去しない限り行動権が残り続ける8/8なので、相手にとって十分なプレッシャーとなります。おまけにエレメンタル。

速いデッキではフェイスプラン、遅いデッキでもバリューゲームに十分貢献できる良いミニオンです。遅いデッキで使う場合、時には行動権を温存する立ち回りも大切です。

・電撃デビルサウルス

悪い言い方をすればキングクラッシュとアイスハウルの悪いとこ取りをしたような性能ですが、すぐにボードに7点出して7/3くらいのミニオンを残せるのは十分すぎる性能です。残ってしまえばビートダウンにも使えてしまいます。

これも除去と展開を同時に行うカードなので勿論強いです。

 

グレイシャル・シェード、タールクリーパー、獰猛なヒナ、巣作りロック鳥、始祖ドレイク、猛毒カード辺りは勿論強いカードですが、パック出る前から強いって言われてたしもはや周知の強さだと思うので省略で。これらの中立カードを見てるとアリーナ環境のインフレを強く感じますね。

 

〈前環境からの推移で感じた、環境の全体的な変化〉

大型ミニオンのバリューが落ちた

今のローグは昏倒、暗殺、猛毒の仕込み、ヴァイルスパイン・スレイヤーの4種の汎用性バツグンな回答を持ち合わせています。対メイジもメテオ、動物変身(ファイアボール)の裏目は見逃せないです。対パラディンでも序盤のテンポレースに負けていては、強力なバフスペルやヴァインクリーヴァーでやりたい放題されてしまいます。更に、中立カードの不屈のカタツムリ、巨大スズメバチも多く見かけます。

全くピックしてはいけない訳ではないですが、前環境に比べて単なる大型ミニオンの価値は結構落ちました

沈黙の価値が非常に高い

適応、タール系のミニオン、剣竜騎乗(自分のヒドラやフローズンクラッシャー)など、沈黙を打ちたい対象が多くなりました。実際に使っていても殆ど腐らないし、特に対パラディンにおいては勝敗に直結するキーカードにもなり得ます。フクロウも前よりはマシな評価ができるようになったし、スペルブレイカーやデファイアスの掃除屋なんかは積極的にピックしていっていいんじゃないでしょうか。

 

各ヒーローのピックや立ち回りの方針とかも、需要があったら書きます。

何か気になる事とかあったらツイッター(@Hurupoke3100)まで