・。・v

【S12使用構築】ギャラクチヒトム【最高2154】

はじめましてふるです。

今期は2200が多く出た中目標としていた2200に乗ることはできず、僕としては悔いが残る結果になりましたがそれなりに自身のある構築が出来たので紹介します。

f:id:hurupoke:20151121091935g:plain  f:id:hurupoke:20151121091945g:plain

f:id:hurupoke:20151121091952g:plainf:id:hurupoke:20151121091956g:plain

f:id:hurupoke:20151121092001g:plainf:id:hurupoke:20151121092006g:plain

ギャラヒトムでサイクルを回してクチートで〆るというのがこの構築のコンセプトでしたがあまり選出には拘りませんでした。

配置はこれ以外ありえません。

【個別解説】

f:id:hurupoke:20151121091935g:plain

クチート@ナイト

156(244)-172(252)-145-*-115-72(12)

じゃれつく/不意打ち/叩き落とす/剣舞

至って普通のクチート。この技構成はかなり完成度が高いと思っています。

基本的に相手のサイクルの一部は破壊できるのでほとんどの対戦で選出していました。

Sはもう少し振ってもいいかもしれませんが、結局イタチごっこだしHを削り過ぎるのも弱いのでこれくらいが丁度いいと思ってます。

記事を書いてて気付きましたがゴツメダメが最大になってしまっているのでSに1回した方がいいです()

崩しの能力が高く個人的に一番扱いやすいメガですが、上から叩かれるじゃれつく外すで運負けの象徴みたいなポケモンです。

f:id:hurupoke:20151121091945g:plain

ジャローダ@気合の襷

150-*-115-127(252)-116(8)-180(248)※めざ岩個体

リーフストーム/目覚めるパワー岩/蛇睨み/ミラーコート

誤魔化し性能が高く、クチートと相性の良い襷ジャローダ

上から撒く麻痺は痺れの施行が多く、リフストの性質上一度の痺れが響きやすいので運勝ちを拾いやすいポケモンでした。

この枠はガッサの方が合ってるかもしれませんがエルフーンで詰むのでジャローダです。

ミラーコートはあまり使わなかったので威張る挑発辺りでもいいかもしれません。(うまく通った時に気持ちよくなれます)

f:id:hurupoke:20151121091952g:plain

ギャラドスゴツゴツメット

201(244)-145-144(252)-*-120-103(12)

滝登り/氷の牙/電磁波/挑発

クチートからの主な引き先となるゴツメギャラ。

技構成はこれが一番安定してます。

回復ソースがない事や、ステロが2倍で入る点から過労死しやすいのは欠点ですが、便利な補助技や威嚇、ガルーラの身代わりを確実に壊せる火力はあり、起点になりにくいのはこのポケモンの強みと言っていいと思います。

電気タイプに対しては大きな隙を見せてしまうので基本的にヒトムとセットで選出するようにしました。

ボルト対面で電気技打たれた事ないのでよく滝登り打ってました・。・

f:id:hurupoke:20151121091956g:plain

ヒートロトム@食べ残し

157(252)-*-129(12)-126(4)-165(180)-114(60)

10万ボルト/オーバーヒート/毒々/守る

ボルトへの遂行を意識した毒守ヒトム。

耐性で流し、毒々で一貫した負担をかけていきます。

Sラインを準速ガルド抜きに設定していて、対面構築の初手襷ガルドにヒトムを当てて少ないダメージで突破したり、毒を見てたまに出てくる残飯ガルドに上からオバヒを打ち込む事ができ、実際にこの調整が生きた事はかなり多かったです。

種族値が足りないとよく言われるポケモンですが、D方面に厚く振り守るを採用した事で場持ちが非常に良くなり、またオバヒや毒による削りの性能も高いので、種族値不足を全然感じさせない働きをしてくれました。

拘り竜に対して守るで拘りロックする事により、安全にクチートを受け出しできるのも強かったです。

鋼を呼ばない毒々の崩し性能は高くまた安定行動で崩していけるので、選出画面で真っ先に崩しを考える僕にとってはとても使いやすいポケモンで、このPTにおいて一番信頼を置いていたポケモンです。

ゲンガーと対面してしまった時引けずにそのまま落とされてしまう事が多かったので、放電も一考かもしれません。(スイクン等への乱数はずれる)

f:id:hurupoke:20151121092001g:plain

ガブリアス@ラムの実

183-182(252)-116(4)-*-105-169(252)

逆鱗/地震/ストーンエッジ/剣の舞

クチートが苦手とする炎タイプに強いラムガブリアス

エッジは耐久振りのボルトサンダー辺りを意識して採用しましたが、単純に命中が安定しないのもあるし、小回りの効きやすい岩石封じのほうが使い勝手はいいです(一度ムドーをエッジ急所で突破して気持ち良くなってしまったのでエッジで使い続けてます)

クチート入りのガブリアスは鉢巻のイメージが強いのか、結構拘りと決めつけたような立ち回りをする人が多かった印象です。

ラムは相手から状態異常を貰わなかった試合でも逆鱗で詰めやすくなるので、完全に腐る事は殆ど無いです。

クレッフィには一応強いポケモンと言えますが、電磁浮遊や裏にメタモンがいる場合が怖かったのでクレッフィを見る駒として選出する事はあまりありませんでした。

f:id:hurupoke:20151121092006g:plain

ゲンガー@ナイト

167(252)-*-101(4)-190-115-200(252)

シャドーボール/滅びの歌/身代わり/道連れ

所謂害悪パに対して高い確率で勝つ為のポケモン

身代わりは毒や電磁波ともシナジーがあり、オニゴーリの零度の被弾回数も減らせます。

また、受けループに対してメガシンカのターンに身代わりを張る事により、バンギの追い打ちを回避して引く事ができる為受けループに対する崩しの駒にもなります。(バンギが吠えるを持っていると分の悪い確率ゲーに持ち込まれる)

それ以外の構築への選出はほとんどしませんでした。

【選出パターン】

・ギャラクチヒトム

f:id:hurupoke:20151121061127p:plainf:id:hurupoke:20151121061113p:plainf:id:hurupoke:20151121061131p:plain

所謂対面厨パ及びこの並びが刺さると感じたPTへの選出。

ギャラヒトムの受け回しからクチートで詰めていきます。

・ジャロクチガブ(ヒトム)

f:id:hurupoke:20151121061122p:plainf:id:hurupoke:20151121061113p:plainf:id:hurupoke:20151121061136p:plainorf:id:hurupoke:20151121061131p:plain

ジャローダの通りが良いと感じた場合の選出。

初手のジャローダで荒らして裏で詰めていきます。

・ギャラヒトムゲンガー

f:id:hurupoke:20151121061127p:plainf:id:hurupoke:20151121061131p:plainf:id:hurupoke:20151121061325p:plain

ボルトゴーリ等の害悪系統に対する選出。

先発に出てくるボルトクレッフィ等の展開要因をヒトムで潰して小さくなるやムラっけをゲンガーで処理します。

ギャラドスは同時に居る事が多いガルやリザXを見る為のポケモンです。

・ガブジャロゲンガー

f:id:hurupoke:20151121061136p:plainf:id:hurupoke:20151121061122p:plainf:id:hurupoke:20151121061325p:plain

受けループに対する基本の選出。

初手バンギが怖いので初手はガブを置いて、ゲンガーでバンギ以外との対面を作り展開していきます。

ラムガブなのでゲンガーをメガシンカさせた後のヤドランムドーとの対面で様子見剣舞を選択しやすいです。

 

基本的な4パターンの選出ですがあまり一つの選出パターンには拘らず、主に相手のPTを一番崩しやすいポケモン+不利な相手を流せるポケモンという考え方で選出してました。

 

f:id:hurupoke:20151121092808j:plain

最高は2154、狙った訳ではないですが両ロムとも最終2121です。

しばらく記事は書かないと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hurupoke:20151121092828p:plain

(序盤ですが瞬間1位達成しました)